2015年11月3日火曜日

2015年収穫・・・ドメーヌ・ジャナン ムーラン・ア・ヴォン Vendanges 2015 - Janin - Moulin-À-Vent

ワインスクール研修 9/4。ロマネシュ=トラン村のドメーヌ・ポール・ジャナン・エ・フィス訪問。つい数日前に彼らのムーラン・ア・ヴォンを収穫したばかりでした。エリック・ジャナンが、いわゆる「セミ・カルボニック」マセレーション、または「ボジョレーの醸造」と呼ばれる、全房を用いたマセレーションを説明してくれました。ブドウはコンクリートの槽に入れられていて、上から覗き込んだり、実際に槽上部の潰れていないブドウを味見したりして、果皮内マセレーションの効果を体験しました。カルボニック・マセレーションの3日目と5日目の違いは、私たち誰もがよく分かりました。複雑な全房を用いたマセレーションを理解するのに最適な、大変興味深い実習でした。今回私たちは本当にラッキーでした。快く迎え入れてくれて、詳しく説明してくれたエリックに感謝!

Wine school trip - Friday 4th of September. We visited Domaine Paul Janin Et Fils in Romanèche-Thorins. They harvested their Moulin-À-Vent parcels a couple of days ago. Éric Janin explained us about "whole-berry" maceration also called "semi-carbonic" maceration or "vinification Beaujoloise". Grapes were within concrete vats so that we could notice the effects of pelicular maceration by inspecting and tasting uncrushed berries from the top of the vats. We could easily distinguish between 3 and 5 days of carbonic maceration. A very interesting experience, ideal to understand the intricate whole-berry maceration process. We were lucky to see this. Great thanks to Éric for welcoming us and for his great explainations.

Tannin migration from the skin to the inside of the grape!
果皮のタンニンがブドウの実の内部に移っていく様子!
Petite séance de photos...いくつかの写真をどうぞ

video



Click to get the video ビデオはこちら


Yoko Motohama and Éric Janin
本浜陽子とエリック・ジャナン


Harvest in small boxes
収穫ブドウを運搬するための小さな箱
Sorting table
選果台

Concrete vats
コンクリート槽




Whole berry maceration
全房を用いたマセレーション

Tasting berries from the top of the vat
槽のマセレーション上部のブドウを味見

0 件のコメント:

コメントを投稿

You are welcome to leave messages. Thanks for avoiding flames.
コメントをお願いいたします。