2013年10月16日水曜日

Harvest 2013 in Gevrey-Chambertin 2013年収穫(ジュヴレ・シャンベルタン)

I spent two days in Gevrey at Domaine Pierre Naigeon during the harvest period.

ジュヴレ村のピエール・ネジョンで収穫時期の2日を過ごしました。

Grapes in Naigeon's Charmes Chambertin parcel - Day before harvest (10/10)
ネジョンのシャルム・シャンベルタンの区画のブドウ‐収穫前日(10/10)

Here is Pierre Naigeon's domain from inside at the most crucial period of the year! 
I want to thank Pierre very much for welcoming me and let me take any pictures or movies of everything really in the vineyards and in the cuverie. Nothing hidden and nothing to hide! Double hand-sorting for grapes: once in the vineyard and a second on a table by a team of 8... Make yourself an opinion with this report.

You will find my thoughts about vintage 2013 too.

1年の内で最も重要な時期の、ピエール・ネジョンのドメーヌの様子です。
まず、ピエールに心から感謝です! ブドウ畑でも醸造所でも、いかなるシーンでも写真やビデオを撮影することを快承してくれました。隠されたものは何もなく、何も隠そうとしませんでした! 1回目はブドウ畑と、2度目は8人で選別する選果台の、2重の手選別です・・・ このレポートを通して皆さん自身で判断されてください。

2013年の生産年についての私の考えも以下にあります。

More...

2013 should definitely be a great year for... Crémant! Winter was very long, Spring was unexisting so that vegetation got late. Since September-October were not much sunny, it has been difficult to get matured Pinot Noir. May be the situtation was less problematic with Chardonnay. There were also problems with heavy hail in the north of Côtes de Beaunes area from Volnay to Savigny. Grapes were seriously damaged and reduced to nearly nothing in some places.

In order to get this maturity for Pinot, the right options was to work very hard in the vineyards, harvest very late and accept to loose a good part of grapes because of the rot. This was Pierre Naigeon's option. Doing so, strictly sorting the crop was, more than ever, absolutely necessary. There will be big differences between winemakers for this vintage. Careful selection of grapes, use of small crates to carry grapes and sorting tables were the right way to proceed... 

Note that I was amazed to see that grapes in 1er and Cru parcels were rather fine just before harvesting though there was rot in less ranked parcels.

I spent a few days at Domain Pierre Naigeon to follow their work and help them. I picked up in the vineyards and also spent some time at the cuverie, in particular I was at the end of the sorting table during the selection of Bonnes Mares grapes. I suggest anyone interested in winemaking to once take part in the process. This is a great experience to realize the amount of careful work required, from the vineyards work to bottling, for eventually making great wines. The process requires many little tasks, sometimes off-putting but unavoidable, to be executed properly.

Many thanks to Pierre Naigeon for welcoming and great thanks to the team: Sarah Canavi, Mark Haisma, Enrik Smith (from Laudrup Denmark), Victoria Burt, Jérémy and Gérard. Best wishes to all of those making wines.

Pics and movies below.

2013年は、間違いなく・・・クレマンに大変良い年でしょう! 冬はとても長く、春はほぼ無いに等しかったため、生育が遅かった。9月から10月にかけてはあまり好天にも恵まれず、成熟したピノ・ノワールのブドウを得ることは難しかった。シャルドネに関してはそれほど深刻ではなかったかもしれません。また、コート・ド・ボーヌの北部、ヴォルネイからサヴィニーにかけての地域は、激しい雹害に遭い、ブドウはひどく被害を受け、場所によってはほぼ全てを失っています。

ピノ・ノワールのブドウがこの条件下で適切な成熟を得るためには、ブドウ畑での仕事を大変念入りに行い、収穫を大変遅くまで待ち、腐敗によって多くのブドウを失うことを決断することが、正しい選択であり、これがピエール・ネジョンの選択でもあります。そしてそうした後、ブドウを今まで以上にも増して厳しく選別することが絶対不可欠なのです。この年は、生産者によって大きな差が出るでしょう。注意深くブドウを選び、収穫したブドウを運ぶための小さな浅いカゴと、選別台の使用が、この段階での正しい方法です。

収穫直前のプルミエ・クリュとグラン・クリュの畑の状態は健全だった一方、もう少し格下の畑では腐敗が見られたのは、ちょっと驚きでした。

私は、ドメーヌ・ピエール・ネジョンで、彼らの仕事をみせてもらい、またお手伝いをするために、数日を過ごしました。畑でブドウを収穫し、醸造所での仕事も見せてもらいました。特に、ボンヌ・マールを選別する選別台の最後尾に陣取らせてもらいました。ワイン作りに興味のある人なら是非一度この作業に参加されることをお勧めします。素晴らしいワインを作るためには、畑仕事から瓶詰めまでの、膨大な注意深い作業が要求されることを思い知らされる、大変素晴らしい経験でした。作業にはたくさんの小さな仕事があり、時にはあまり楽しくないできればやりたくないような事も、見過ごさず、的確に行われることを求められるのです。

迎えてくれたピエール・ネジョンと、彼のチームに感謝! これからワイン作りがうまくいくことを祈っています。写真とビデオは下の方にあります。

A tour in Charmes on Tue 10 Oct. I guess they picked up these grapes the day after. In Grand cru parcels grapes were mature and healthy with nearly no rot.

10月10日にシャルム・シャンベルタンの畑を回りました。この翌日に収穫したはずです。グラン・クリュの畑では、ブドウは成熟し健全で、腐敗はほぼありません。

Jérémy's driving in Les Charmes
ジェレミーの案内でシャルム・シャンベルタンの畑巡り
video

Visiting the parcels
区画を視察
video

video

Picking up. One only needs to pick up healthy grapes. Rule was: "One should be able to eat every grape in his/her crate". No rot in the crate!

収穫。健全なブドウだけを収穫します。ルールは「収穫カゴの中のブドウ全部を食べてしまえるように」。どんな腐敗もカゴには入れません。

video



Unsatisfied Pierre makes his point clear
ある収穫の仕事に満足しないピエール!
video

Two smart guys from NZ
ニュージーランドから収穫の手伝いに来た二人

Myself. Greetings!
収穫の畑よりご挨拶!

My crate
私の収穫物






Strict sorting on table. 厳密な選別が選別台で行われます。



video


video


Last sorting for Bonnes Mares grapes
ボンヌ・マールのブドウの選別の最後


L: Bonnes Mares/R:residuals
左:ボンヌ・マールの果汁/右:選別で取り除かれたブドウの果汁

Débourbage and entonnage for white wines -- may be some Côtes de Nuits.

白ワインのデブルバージュと樽詰め。多分コート・ド・ニュイです。


video

Enrik stealing petrol for his car
澱引き作業中のエンリック



Fermentations in barrels for Côtes de Nuits
コート・ド・ニュイを樽で発酵させます
People at Naigeon's ネジョンの人々

video

Mark Haisma, Enrik Smith, Jérémy, Gérard, Victoria Burt

Jérémy

Victoria Burt from England

Enrik Smith from Denmark. Works at Laudrup Co.

Samples tasted one eve. Thanks to Enrik, Pierre and Mark!
とある一晩に試飲したワインの数々

And also miscellaneous boring tasks... そして多岐にわたる種々雑多な退屈な仕事・・・

Even the boss is cleaning...
ボスだって掃除です
Below: cleaning crates
下:収穫カゴの洗浄
video


0 件のコメント:

コメントを投稿

You are welcome to leave messages. Thanks for avoiding flames.
コメントをお願いいたします。