2015年1月19日月曜日

Kitakyushu Wine Seminar - Beaujolais - Sun 1 March - Pot au Feu ワインセミナー(北九州) ボジョレー 3/1(日) ポトフ

Dear all, our next seminar will take plat at Pot-Au-Feu on Sunday 1 March.

For a change we will go to Beaujolais. I would like to convince you that good red wines may exist outside of Burgundy.

Beaujolais wines can be absolutely great (and remain pricewise accessible!)

This time we thought it would a good idea to taste them with food. Takahashi-San is happy to welcome the event at his  restaturant in Kokura.  His Bouchon-style cuisine suits perfectly the true spirit of Crus Beaujolais.

皆さん、次回のワインセミナーは、3/1(日)にポトフで行います。
今回はちょっと変わってボジョレーに行きます。ブルゴーニュ以外にも良い赤ワインがある可能性を、皆さんに是非納得していただきたのです。

ボジョレーのワインは大変素晴らしい可能性を持ったワインです。
(そして価格はお手ごろです!)

今回、ワインをお料理と一緒に試していただこうと思い、高橋シェフにご相談したところ、小倉の彼のレストランでセミナーを開催するのを喜んで引き受けてくださいました。彼のブッション・スタイルのお料理は、クリュ・ボジョレーの理念に完璧にマッチするでしょう。
Takahashi-San will cook something for us. No non-sense.
高橋シェフが腕を奮ってくださいますよ。

Do you wonder whether Beaujolais wine could age?

We shall have a vertical tasting with 96, 00, 03, 11, 13 vintages from Domaine Paul Janin Et Fils in Moulin-À-Vent. I was stunned by the finesse and depth of this wine, it is really in the spirit of the great Pinot Noir. We will also taste their entry price wine a Beaujolais-Village. We will also taste  the recent production of Domaine Pierre Vessigaud in Saint-Amour. Some of you already know his Macon-Fuissé or Pouilly-Fuissé. His Saint-Amour wine is just lovely (as its name would suggest), and its riduculous price made it even more enjoyable.

Verticale M.A.V Clos du Tremblay: 13,11,03,00,96

ボジョレーのワインはほんとに長期熟成するのかな、と思ってます?

今回、ムーラン・ア・ヴォンのドメーヌ・ポール・ジャナン・エ・フィスの、96、00、03、11、13のワインの垂直試飲を行う予定です。私はこのワインの繊細さと奥深さに大変驚かされました。偉大なピノノワールのワインに共通する理念です。また彼らのエントリーワインのボジョレー・ヴィラージュも試飲します。それから、ドメーヌ・ピエール・ヴェシゴーのサン・タムールのワインも。彼の作ったマコン・フュイッセやプイィ・フュイッセは既に飲まれた方もいらっしゃるとおもいますが、彼のサン・タムールは(その名の通り)唯々ラブリーで、その驚きの価格に更に楽しめると思います。
Clos du Tremblay, le grand MAV de garde
クロ・デュ・トランブレィ、長期熟成する偉大なムーラン・ア・ヴォンです

Love Wine! (サンタムールは直訳すると愛の聖人とでも言いましょうか)


More... about Beaujolais


Éric Janin エリック・ジャナン

Cuves béton chez les Janin ジャナン家のコンクリート発酵槽

Pierre Vessigaud ピエール・ヴェシゴー

The Beaujolais area is located at the south of Burgundy, but red wines are made of Gamay. I found vintages 11, 12, 13 in Burgundy rather weak in red and much too expensive, therefore I started investigating other areas for more affordable wines. What I tasted in Bordeaux was poor (as usual?) and I eventually found really great wines and high quality standards in Beaujolais.

Beaujolais suffer from a bad reputation due to its bulk wines and the dreadful Beaujolais nouveau. This has to be distinguished from the Cru Beaujolais. Very recently winemakers' syndicate in Beaujolais split in two with the Grands Crus on one side and the rest on the other side.  
There are 10 Cru Beaujolais, namely: Côtes de Brouilly, Brouilly, Regnié, Morgon, Chiroubles, Fleurie, Moulin-À-Vent, Chenas, Julienas and Saint-Amour.

ボジョレーの地域はブルゴーニュの南に位置しますが、赤ワインのブドウ品種はガメイです。2011、12、13のブルゴーニュの赤ワインはいま一つの出来栄えの上価格は高騰してしまっているため、私たちはもっと手ごろで美味しいワインを探し始めました。ボルドーのワインは相変わらず残念なものが多く、探求の末、上質で本当に素晴らしいワインをボジョレーに見つけました。

ボジョレーは、バルク・ワインや質の良くないボジョレー・ヌーヴォーのせいで随分評判を落としています。これらと、クリュ・ボジョレーは区別するべきでしょう。つい最近のニュースでは、ボジョレーの生産者組合が、グランクリュの側とそうでない側とで二分されるようです。クリュ・ボジョレーはコート・ド・ブルイィ、ブルイィ、レニエ、モルゴン、シルーブル、フルーリー、ムーラン・ア・ヴォン、シェナ、ジュリエナ、サン・タムールの10地区です。


One has to look for the best producers, the quality exits there, winemaking styles can be quite different... It could well be the best ratio Q/P right now with french wines.

You will find below a few more pics and videos of our quest for Beaujolais.  Hopefully we get back there!

上質を生み出す土壌はありますから、あとは良い生産者を探し出すだけです。ワインは作り方のスタイルによって大きく異なりますが、フランス随一のコストパフォーマンスの可能性があります。

ボジョレー探求の様子の写真などを下に載せておきます。皆さんと一緒にまたそこに行けることを願って!
Tasting at home... 自宅での試飲の様子

Fleurie: the "Chambolle" of Cru Beaujolais
フルーリー。クリュ・ボジョレーの「シャンボール」
Visiting Fabien Duperay (left in red). His Crus Beaujolais were fantastic.
ファビアン・デュペレィ(左)を訪問。彼のクリュ・ボジョレーは素晴らしかったです。



Romain Zordan. Serious winmaking with style close to Marcel Lapierre...
ロマン・ゾルダン。マルセル・ラピエールに近いスタイルの本格的ワイン作り。

In the vineyards in Morgon with Romain Zordan. 
モルゴンの畑をロマン・ゾルダンと訪れて。

video

2 件のコメント:

  1. 西脇愛一郎2015年1月19日 12:21

    ボジョレー楽しみですね。ポトフのシェフはまだ坊主頭ですか。

    返信削除
  2. We met him yesterday. I checked for you and yes he is as bald as on the pic.

    返信削除

You are welcome to leave messages. Thanks for avoiding flames.
コメントをお願いいたします。